地域の皆様とともに 地域の発展を目指す石川商会の取り組みを紹介します

地域の皆様とともに

石川商会住宅機材は38年にわたり、旭を中心とした東総地区で、
地域住民の皆様と歩んでまいりました。
地域の皆様のお役に立てるよう、地元の会社として、誠実に仕事に
取り組んでまいります。この地を愛し、感謝するとともに、同じ志を
持つ様々な企業と協業し助け合いながら地域社会の発展、素敵な
街づくりの一端を担っていきたいと思います。

東総LIVING PROJECT

地元の工務店同士が協働により、東総地域を中心に良質な木造住宅の生産・維持活動を図り、長期優良住宅の普及、消費者の信頼性の向上、技術力の向上及び地域の経済発展を目的とし、活動していく団体「東総災害に強い家づくりの会」を2012年に創設しました。
地域のみんなが安心で元気に助け合える、次代に住み継ぐ「東総安心住宅」を提案します。
住まいは、一生の買い物で一番高価なものだといわれています。
だから家を建てるなら、性能が良くて、地震に強くて、格好良くて、こだわりが詰まった注文住宅が一番だと思います。そして、住まいのトラブルが仮に発生したときにすぐに対応してもらえる、業者に頼むべきだと思います。「そんな会社が地元にあるんですか」とよく質問されます。
あるんです!そんな対応ができるのが、地域に根差した地元の大工さんだと思います。このエリアにはそんな夢のマイホームを叶えてくれる大工さんがたくさんいます。口下手で営業は苦手でも、思い(HEART)や腕(SKILL)、意匠(DESIGN)をもった会社があるのをご存知ですか。大手ハウスメーカーには負けません。そんな、きっかけを与えてくれるサイトが「東総LIVING PROJECT」です。

東総で注文住宅の家づくり。東総リビングプロジェクト

東総絆フェスタから東総リビングフェスタへ

絆フェスタとは
2011年に発生した東日本大震災により、私たちの地元東総地区においても、津波や液状化により、甚大な被害を受けました。震災以後、多くの人たちが家族を含めた人と人とのつながり「絆」の大切さを再認識しました。また、地元や自然を大切にする意識が私たちは、この東総地区で、消費者が安心して生活できるコミュニティを再構築するべきであると考えます。そこで、地元企業が手を合わせ立ち上がり、消費者と安心して購入できる地元店とがつながるようなイベントが「東総絆フェスタ」です。
「子供たちの明るい未来のためへ・安心して暮らせる街へ・地元の景気回復」という志同じくする企業があつまり、2回とも2000人を超えるお客様にご来場いただきました。
同業種の企業においては常にはライバルであっても笑顔で協力し刺激し合い、自分たちが本来持つ魅力を地元の皆様にアピールできるよう、地元の人による地元のためのイベントです。感謝の気持ちを忘れず、地域の皆様とともに歩んでまいります。

.

そして現在~未来へ
東日本大震災直後は、多くの人たちが家族を含めた人と人とのつながり「絆」の大切さを再認識し、地元や自然を大事にする意識がより強く芽生えたことを感じました。
月日が経過しても、災害の教訓を風化させることなく、次世代に引き継いでいく責任があると思います。地域の工務店様とタッグを組み、地元の方と企業がつながり安心して生活できるコミュニティを構築する復興イベント「東総絆フェスタ」を開催してきました。
現在では形を変え、安心安全で最新の住宅情報を気軽に得ることができるイベント「東総リビングフェスタ」として2015年より開催しております。
このイベントを通して、旭市及び東総地区でより多くの皆様へ住環境に関しての啓蒙・耐震相談を実地できればと思います。
人々が触れ合い、より深い絆を構築する地元の人による地元の為の手作りイベントです。

絆フェスタ 衣食住の地産地消で、広げよう!地元の輪!